アッツイズム

行動方針

基本方針

アッツでは、社員として大切にしてもらいたい姿勢を「基本方針」として3つにまとめています。

基本方針

1素直 - obedient -

人間は、生まれた時に最も素直な心を持っています。あなたは今もまだ本当に素直な心を持ってますか?
すべては、素直な心から始まります。だから、決して素直な心を無くしてはいけません。
何かがあったときには、そっと自分の心に問いかけましょう。そして、自分の中にある素直な心に従えばよいのです。

常に素直な心を持ち続けましょう。

素直さは人間の根源であり、基礎です。
素直な心に従えば、世の中の見方が変わりきっと人生は彩りに満ち溢れることでしょう。

2感謝 - thanks -

人生を振返ると、楽しかったことや辛かったことがあったでしょう。そこには、たくさんのありがとうがあったかと思います。
でも、ありがとうを表現するには、言葉だけじゃ足りないこともあります。まごころからのありがとうは、行動によって伝わります。
そして、まごころからのありがとうは、必ず周りの人に伝わり連鎖していきます。
この連鎖が続けば、世の中は感謝に満ちあふれ、きっとやさしくなっていくのでしょう。

常に感謝の心を持ち続けましょう。

まごころからのありがとうを伝えていくために。ありがとうの連鎖を巻き起こしていくために。
そして、世の中をやさしくしていくために。

3謙虚 - modesty -

物事がうまくいっている時、人は傲慢になることもあります。物事がうまくいってない時、人は卑屈になることもあります。
どんな時にでも、謙虚な心を持っていれば傲慢にも卑屈にもなりません。傲慢にも卑屈にもならなければ、等身大の自分自身を知ることが出来ます。
そうすれば、現在地から目的地に進む道が見え、為すべきことに気がつくでしょう。それに気がつけば、目指すべき場所への第一歩を踏み出せるはずです。

常に謙虚な心を持ち続けましょう。

あなた自身を知るために。為すべきことに気づくために。
目指すべき場所に向かうために。

行動方針

アッツでは、「基本方針」を踏まえた上で3つの「行動方針」を掲げております。

行動方針

1情熱 - Passion -

あなたにとって本当に大切な事とは何でしょうか?人には、人それぞれの大切な何かがあるかと思います。
そして、その大切な何かを成すために人は生きています。大切な何かを成し続けるために必要なものがあります。

それは、「情熱」という原動力です。

大切な何かのために情熱を注げば、出来ないことや、やれないことはないはずです。
そして、正しい大切な何かのために注いだ情熱は、必ず誰かに伝播していき、また別の誰かに伝播し続けて、世の中を変える大きな力となっていきます。

情熱を注ごう。
正しい大切な何かのために。世の中を変えるために。

2努力 - Endeavor -

あなたの生きてきた道はどのような道だったでしょうか?今は、あらゆる経験という道のりの末、たどり着いた現在地です。
そこに至るまでに、あなたの前にはいろんな山があったはずです。いろんな山を登るために必要なものがあります。

それは、「努力」という足です。

人生で出くわす山を努力という足で少しずつ登っていけば、それがどんなに高い山だったとしても、きっと登りきれるでしょう。
そして、登った山が高ければ高いほど、山頂から見渡した景色は、何事にも代えがたいはずです。

努力を重ねよう。
更なる高みに登りつめるために。新たな道に進むために。

3- Ambition -

人は、誰でも生まれた時から人生という航海に出るのではないでしょうか?その航海の中では、不安や困難という荒波が押し寄せてきます。
場合によっては、荒波に飲まれて進むべき方向を見失うこともあるでしょう。進むべき方向を見失わないために必要なものがあります。

それは、「志」という羅針盤です。

志という羅針盤があれば、何が起ころうとも行き先を見失わないはずです。
そして、アッツという船に乗り、羅針盤の指し示す方へ向かっていけば、みんながしあわせと思える場所へ辿り着けるはずです。

志を高く掲げよう。
進むべき航路を見失わないために。しあわせにたどり着くために。